【インフルエンザ流行】予防接種で風邪を予防する前に食事で『免疫力』を上げる5つのポイント

スパイス

こんにちは。ダイエットシェフの林です。

今日は、

【インフルエンザ流行】予防接種で風邪を予防する前に食事で『免疫力』を上げる5つのポイント

をテーマにお届けします。

 

インフルエンザが全国的に流行期に入ったと発表!

11月後半に入り、グッと寒くなってきましたね。

前日との気温差が激しかったり、空気が乾燥したりと、

この時期の体調管理は大変です。

肌が荒れたり、喉が痛かったり、体がだるかったりなど、

あなたも風邪を引いて体調を崩していないでしょうか?

東京都ではインフルエンザの流行が始まったと発表されています。

ますます毎日の体調管理に注意する必要がでてきたわけです。

学生時代なら、風邪を引いてもズル休みできましたが、

社会人ともなればそうはいきません。

簡単に仕事を休めないですし、周りに風邪をうつすわけにもいきません。

あなたの周りにこんな人いませんか?

一番最初に風邪を引いて、人にうつして、最後にまた風邪を引くみたいな。

1シーズンに2回風邪を引く人っていますよね笑

そんな人にこそ試してほしい、食事で『免疫力』を上げる5つのポイントをシェアする前に、

そもそもインフルエンザと風邪ってどう違うの?

ってことで、「インフルエンザ」と「風邪」の見分け方について説明していきます。

 

「インフルエンザ」と「風邪」の見分け方

医療

インフルエンザの特徴を見てみると、

高熱、全身に症状が出る、進行が急激であることが挙げられます。

反対に風邪の場合はというと、

微熱、局所的に症状が出る、進行が緩やかです。

判断基準としては、発熱、症状、進行具合の3つを判断基準にしてください。

これらを踏まえて10のチェックリストを用意しました。

当てはまることが多い人ほどインフルエンザの可能性があります。

  1. 急に38度以上の高熱が出た
  2. 全身の関節や筋肉が痛い
  3. 頭痛がある
  4. 全身にだるさや寒気がある
  5. 咳や喉の痛み、鼻水の症状がある
  6. インフルエンザにかかった人が近場にいる
  7. 通勤などで人混みの中にいることが多い
  8. 空気が乾燥している
  9. 睡眠不足
  10. 食欲不振

いかがでしょうか?

もしあなたが体調を崩し、インフルエンザかなと思った時には参考にしてくださいね。

できることなら、インフルエンザや風邪を引く前に、

普段の食事から免疫力を高めておきましょう。

 

予防接種で風邪を予防する前に食事で『免疫力』を上げる5つのポイント

これからの時期といえば忘年会などで外食する機会も増えて、

飲んだり、食べたりが多くなる季節。

食欲を抑えられず、体重増加が気になる人も多いのではないでしょうか。

また、暴飲暴食から体調を崩さないためにも

外食をしない時くらいしっかり食事の管理はしておきたいところ。

あなたも『免疫力』を上げて年末年始を乗り切っていきましょう。

 

1.食材を丸ごと使う

野菜

僕が、最近意識しているのがファイトケミカルです。

第7の栄養素とも呼ばれ、

生活習慣病やアンチエイジングなどに一役買っている注目の成分です。

このファイトケミカルですが、

普段は捨ててしまうような野菜の切れ端である、

皮、根っこ、種などに多く含まれています。

効率よくファイトケミカルを摂取するためにも、

皮、根っこ、種などを使って野菜だしをとることをオススメします。

このだしを料理に利用することによって、

料理が苦手な人でも味に深みを出すことができて、

美味しく作れるようになります。

【捨てちゃダメ】野菜の切れ端を煮込むだけ!料理に深みと風味をプラス『万能野菜だし』の作り方

ぜひ、試してみてください!

 

2.苦味、酸味、辛味を意識する

普段の食事で口にすることが多い味といえば、

塩味、甘味、旨味の3つが中心になると思います。

これらの味は食欲が刺激される組み合わせでもあるため、

食べ過ぎてしまう原因にもなります。

そのような時に意識してほしい味が、

苦味、酸味、辛味の3つです。

これらの味を意識して食べることで、

食べ過ぎを防げるだけでなく、消化管を刺激して排泄を促してくれます。

食材としては、梅干し、唐辛子、ネギ、生姜、ニンニクなど

薬味として料理にプラスしていきましょう!

 

3.発酵食品を摂る

キムチ

免疫力を高めるためには、腸をキレイにしておく必要があります。

なぜなら、免疫細胞の約6割が腸管にあるからです。

腸が汚れていると、ダイエット、健康、美容など

あらゆるところで悪影響を受けてしまいます。

そのような状態では栄養も吸収してくれず、

どんなに食事に気をつけても効果を得ることが難しくなります。

しかし、毎日の食事に発酵食品をプラスするだけで、

腸内環境を整えることができます。

食材としては、味噌、納豆、漬物、糠漬け、キムチなど、

普段の食事から積極的に食べていくことをオススメします。

 

4.食物繊維を摂る

発酵食品と同じく、食物繊維も腸内環境を整えるためには必要不可欠な存在です。

食物繊維を摂ることで便秘解消はもちろん、

満腹感をアップさせて腹持ちをよくしてくれたり、

血糖値の上昇を緩やかにしてくれたりと、

ダイエット効果や健康を維持するためにも意識したい栄養素です。

食物繊維が豊富な食材として、

キノコ、海藻、れんこん、こんにゃく、小豆、ゴボウなどがオススメです。

 

5.体を温める食材を摂る

生姜

低体温は、免疫力を下げる一番注意したい症状です。

あなたの体温が36度を切るようなら低体温の可能性があります。

女性は、冷え性な人も多いですから、

体を温める食材である味噌、生姜、唐辛子、ゴマ、キャベツ、ニラ、玉ネギを

意識して摂ってほしいと思います。

しかし、体を温める食材があるということは、

体を冷やす食材もあるということを忘れてしまってはいけません。

特に、砂糖の取りすぎには注意してくださいね。

 

まとめ

年末年始はイベントや外食をする機会も多く、暴飲暴食になりがちです。

食生活の乱れから、免疫力を低下させて風邪をひかないように注意してくださいね。

予防接種で風邪を予防する前に食事で免疫力を上げる5つのポイントとして、

  1. 食材を丸ごと使う
  2. 苦味、酸味、辛味を意識する
  3. 発酵食品を摂る
  4. 食物繊維を摂る
  5. 体を温める食材を摂る

これらを意識して、年末年始を楽しみましょう!

それでは、お疲れ様でしたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スパイス

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。