料理を作る側も撮る側もインスタ映えを「狙いすぎ」な件→残すのは料理ではなく思い出でしょ

パンケーキ
しょうと
こんにちは。ダイエットシェフのしょうとです。

今日は、

料理を作る側も撮る側もインスタ映えを「狙いすぎ」な件→残すのは料理ではなく思い出でしょ

をテーマに、

「よく利用するSNSはインスタグラムです!」

「インスタ映えする料理を作っています!」

「料理写真を撮る時はインスタ映えを意識しています!」

このような方に向けてお届けします。

 

料理を作る側も撮る側もインスタ映えを「狙いすぎ」な件

2017年の流行語に「インスタ映え」が選ばれましたね。

インスタグラムをやっている人なら「インスタ映え」を意識した料理やスポットなどに敏感なはず。

僕も一応インスタグラムをやっているけど、

料理の写真を撮るときには、キレイに、そして美味しそうに撮るように心がけている。

なんだかんだ、フォロワーが2600人くらいになったから、

一応インスタ映えしている写真は撮れているのかな笑

よかったら僕のインスタグラムを覗いてみてね。

(最近更新してないけど…)

でも、あれですよね。

個人的な意見だけど、最近のインスタグラムというか、

インスタ映えするような料理写真にがっかりしてるんですよね。

って言うのも、

料理を作る側も撮る側もインスタ映えを「狙いすぎ」だろって。

あなたもそう感じません?

なんか裏で計算しているかんじとか、料理で遊んでいるかんじとか、

なんか僕は嫌いだな。

なんか、楽しみ方がズレてきているように思うんですよね。

個人的には、もっと料理や食事を大切にしてほしいなって。

そう思うんです…

 

インスタ映えの狙いすぎは社会的問題を生む

最近では、インスタ映えのために写真だけ撮って料理は食べないって人がいるらしい。

ネット上では、食べ物を粗末にすることが問題となって炎上してたりする。

マジで意味わかんないですよね。

やっていいことと悪いことってあるし、最低限のマナーは必要。

僕はそう思う。

あなたはどう思います?

でもこれって、撮る側だけじゃなくて作る側にも問題ありますよね。

作る側としてはたくさんのお客さんにきてほしいわけだから、

インスタ映えするようなインパクト重視な料理を作るってのは分かる。

でも、そこだけに注目していては、こういった問題はなくならない。

今後は、作る側も食のあり方についてもっと考えていく必要があるでしょうね。

 

だからインスタ蝿ってバカにされるんだよ

インスタ蝿ってよく言ったもんですね笑

インスタグラムをやっている人からすればイラッとするだろうけど、

食べ物を粗末にしたり、人に迷惑をかけたりしてまでインスタ映えを狙うのはやっぱやりすぎかなって。

インスタ映えを狙うのもいいけど、大事なことだけは忘れちゃいけない。

それは、

残すのは料理じゃなくて、思い出

だってこと。

料理を作る側も撮る側もここを勘違いしちゃいけないし、

もっともっと料理を大切にしてほしいなって思う。

料理を残したり捨てたりする人は、

インスタ映えするために撮ってるわけだから思い出なんてないかもしれないけど、

それじゃあ、悲しいじゃないですか。

あとから写真を見返した時に、

「楽しかったよね」って話せるような思い出があったほうが素敵だと思うんだけどな。

あなたはどうでしょうか?

インスタ映えする料理の裏側にはどんな思い出がありますか?

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

料理を作る側も撮る側もインスタ映えを「狙いすぎ」な件→残すのは料理ではなく思い出でしょ

をテーマにお届けしました。

やっぱ料理は美味しく食べること、一緒に食べる人との時間を楽しむこと。

これが大事ですよね。

インスタの言葉が意味するように、

生き生きしたインスタントな瞬間を写真で思い出に残すこと、

インスタグラムの主旨を忘れないようにしたいですね。

それが本当のインスタ映えなんじゃないかなって、僕は思います。

しょうと
それでは、お疲れ様でしたっ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パンケーキ

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。