ダイエットで走ることが嫌いな体重60キロ以上の人は「トランポリン」を買いなさい

トランポリン
ショート
どうも、マッスルペディア管理人のショートです!

今回は、

ダイエットで走ることが嫌いな体重60キロ以上の人は「トランポリン」を買いなさい

をテーマに、

「最近運動不足だな…」

「痩せたいけど走りたくない…」

「簡単にできる有酸素運動を知りたい…」

そんなあなたにお届けします。

 

脂肪1キロ落とすのに120キロ走りたいですか?

脂肪1キロ落とすのに必要なカロリーは、約7200キロカロリーと言われています。

仮に体重60キロの人が、ランニングのみで脂肪1キロ落とすとしましょう。

ランニングの消費カロリーは、体重 × 走った距離(キロ)で計算できますので、

(走った人のスピードやペースも関係してくるので正確ではないですが…)

 

7200 キロカロリーを体重で割れば距離を求めることができます。

 

7200 ÷ 60 = 120

 

脂肪1キロ落とすのに、120キロ走らなければいけない計算になります。

 

多くの人は、この数字を見てガッカリしているんじゃないでしょうか?

むしろ、ちょっと引きますよね…

現実的に考えて、毎日3キロ走ったとしても

体重60キロの人は、180キロカロリーしか消費できないんですからね。

期間にして40日、食事管理をしたとしても、脂肪1キロ落とすのって大変ですよね。

 

あなたはこの数字を見てランニングをしようと思いますか?

 

走ることが好きなら問題ないと思います。

2019年の東京マラソンなんて抽選倍率12.1倍らしいですからね。

参加費を払ってまで走りたい人が増えている状況です。

でも、

 

  • そもそも走ることが嫌い
  • 走ると足腰が痛くなる

 

もしこのような人がランニングをすれば、ダイエットどころか怪我につながりかねません。

精神的にもツライし楽しくないですよね。

雨の日はランニングできないし、継続することも難しい…

 

そんな人には、ランニングよりも「トランポリン」をおすすめします。

その理由やメリットについてもシェアしていきますね。

 

正直にデメリットについてもお話します…

 

たった5分でランニング1キロと同じカロリーを消費する

もしたった5分でランニング1キロと同じカロリーを消費できる方法があれば知りたいですか?

この方法はNASAにも認められて、実際に宇宙飛行士も実践しているトレーニング方法です。

その方法とは、

 

「トランポリン」をつかった有酸素運動。

 

トランポリンといえば子供が遊ぶものというイメージがありますが、実際は運動効果がめちゃめちゃ高い。

 

NASAの研究によるとランニングに比べて68%も運動効果が高く、

宇宙飛行士が無重力環境で失った筋密度と骨密度を回復するためにトランポリンを取り入れているそう。

 

他にもメリットとして、

 

  • 関節への負担が少ない
  • 雨が降っても室内でできる
  • 血液、リンパの流れがよくなり鼻や耳のつまり、むくみ解消
  • 日頃使わない筋肉を鍛えられるから体が引き締まる
  • 体幹やバランス感覚も鍛えられるから姿勢が良くなる
  • 白血球が増加して免疫力アップ
  • 短時間で効率が良いトレーニングができる

 

走ることが嫌いな僕にぴったり笑

ダイエットだけじゃなくて健康的にいいのも嬉しいですよね。

 

早速「トランポリン」を買ってみた

Amazonで「トランポリン」と検索してみると、2858件のヒット。

その中から自分に合うものを選ぶのは大変です。

トランポリンを選ぶ基準もデザイン性や機能性だったり、

飛んでいる時の音はうるさくないのかとか、

いろいろ不安なところがあると思います。

 

そこで、今回僕が購入したトランポリンを紹介します。

よかったら参考にしてください。

 

 

選んだ決め手はデザイン性。

朝すぐ飛べるように部屋に置くつもりなので安っぽいデザインは却下。

あとは、飛んでいる時にうるさいとストレスになるし、

近所迷惑?にもなるから静音設計のもの。

早速、箱から取り出してみるとこんな感じ。

折りたたまれた状態で梱包されています。

 

トランポリン

 

セット内容は、本体と脚6本。

脚が6本あるから安定性はあるかな。

脚の数が少ないものは却下ですよね。

 

トランポリン

 

早速組み立てていきましょう。

まずは、4つ折りの状態からトランポリンを広げていきます。

 

トランポリン

 

さらに広げていきます。

この時反動が強いので注意が必要です。

この辺は説明書にも書いてあるので説明書通りにやっていきましょう。

 

トランポリン

 

ひっくり返すと脚を取り付ける部分に黒いキャップがついています。

キャップを取り外して脚を取り付けていきましょう。

 

トランポリン

 

脚を取り付けるとこんな感じ。

女性でも簡単に組み立てられると思います。

 

トランポリン

 

横から見るとこんな感じ。

 

トランポリン

 

完成した状態で折りたたむとこんな感じ。

脚をつけたままだとイマイチですね。

かと言って収納するのに毎回脚を取り外すのも面倒。

僕的にはトランポリンを置くスペースを確保して、

そこに置きっぱがいいんじゃないかなって。

そのためにデザイン性を重視しましたからね。

 

トランポリン

 

トランポリンスペースの完成!

今回はついでに衝撃を吸収するフロアマットも購入。

 

 

トランポリン自体に振動、騒音を吸収して軽減する仕様になっているけど、

さらにフロアマットを引くことで、床へのキズや衝撃から守ることもできる。

これで安心して飛ぶことができます。

 

トランポリン

 

試しに1週間毎朝5分トランポリンで飛んでみた結果

毎朝好きな曲をセットして5分間飛んでみましたが、静音設計だから音が気になりませんでした。

今後もストレスなく飛べそう笑

今回のトランポリンはゴムバンド仕様なんですが、今のところ特に問題はないですね。

長く使っていけばゴムのところの糸がほつれたりするんどろうけど、

耐荷重が110キロまで対応しているし、ゴムだからといって不安なところはない。

逆に、金属のスプリング式のものだと音がギーギーうるさかったり、

スプリングが外れて体に当たる可能性もあるかなって。

この辺の機能性についての判断はお任せします。

 

デメリットは特にありませんが…強いて言うならスペースの問題かなと。

僕的には全然問題ないですが、収納したい人にとってはちょっと面倒かも。

僕からしたら収納すると飛ぶ前に準備する時間が必要だし、

めんどくさくなってやらなくなるってことのほうがデメリットかなって思う笑

だからトランポリンは出しっぱでいい。

肝心の効果としては、毎朝たった5分飛んだだけで普段使っていない筋肉が鍛えられている感じ。

特に下半身に効いてますね。

最終的には、1週間で体重−3,9キロ、体脂肪率−1,7%

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

CHECK!トランポリンダイエットの効果を1週間毎朝5分だけやって検証してみた【画像あり】

 

これでランニング1キロ走ったと同じカロリーを消費できるってやっぱ効率いいですよね。

今後はさらに毎朝5分間飛ぶことで、どれくらいの効果を得られるのか検証していきたいと思います。

まずは、毎朝5分飛ぶことを習慣にしたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

ダイエットで走ることが嫌いな体重60キロ以上の人は「トランポリン」を買いなさい

をテーマにお届けしました。

痩せたいけど走ることが嫌いな人ほど「トランポリン」はおすすめです。

何と言っても運動効果が高いし、

血液やリンパをしっかり循環させれば体に溜まった老廃物も排泄しやすい。

むくみも解消できて体を引き締められるんだったらやってみる価値ありませんか?

それも每朝たった5分飛ぶだけ。

さらに効果を出したいなら20分、30分と飛べばいい。

まずは、5分だけでいいから每朝飛び続けること。

飛び続けることで脂肪が燃焼されやすい状況を作ることができます。

脂肪1キロ落とすのに120キロ走るより全然いい笑

こんな感じで僕が買ったトランポリンをレビューしてみましたが参考になりましたか?

よかったらあなたもトランポリンにチャレンジしてみてくださいね。

 

 

あ、そうそう、

トランポリンを飛んだあと、地上でジャンプすると全然できないって知ってました?笑

一度試してみてください笑

ショート
それでは、お疲れ様でしたっ!
スポンサーリンク
トランポリン

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。