肉を食べると胸焼けや胃もたれがするのはなぜ?解消方法を教えます

肉
ショート
どうも、マッスルペディア管理人のショートです!

今回は、

肉を食べると胸焼けや胃もたれがするのはなぜ?解消方法を教えます

をテーマに、

「昔と比べて胃もたれするようになった…」

「食後の胸焼けがひどい…」

「食事を楽しめない…」

そんなあなたにお届けします。

 

肉が食べられないのは肉のせいではありません

30歳を過ぎてくると肉を食べることがしんどい人っていますよね。

例えば、焼肉定番のカルビ。

20代の時は食べていたけれど、30過ぎてから避ける人もいるんじゃないでしょうか。

もっとひどい人だと肉自体を食べなくなったり…

 

この原因って何だと思いますか?

年齢のせいでしょうか?

それとも肉の部位のせいでしょうか?

 

多くの人は、年齢や肉のせいだと思っているんじゃないかな。

でも僕の答えとしては、半分正解で半分間違いだと思っているんですよね。

あなたにはその理由がわかりますか?

 

なぜ、胸焼けや胃もたれがするのか?

答えは簡単で、消化力が落ちているから。

もうちょっと詳しく言うと、胃酸の分泌が少ないんですよね。

胃酸の分泌が少ないということは、肉を食べてもうまく消化できないということ。

 

肉などのタンパク質は胃酸がないと分解できないって知ってましたか?

 

まず、この基本的なところを間違えている人が多いと思っていて。

多くの人は、胸焼けや胃もたれしたら胃薬とか飲むんじゃないかな。

 

でもこれって逆効果で、胃酸の分泌を抑制してしまうんですよね。

 

胃薬を飲むことで一時的に楽になるかもしれないですけど、長期的に見たらマイナスなんです。

 

ちょっと考えてみてください。

肉を食べても消化ができない…

最悪の場合、肉を食べられなくなる可能性がある…

 

ヤバくないですか?

こうなると、タンパク質不足の原因になるかもしれません。

この流れで、プロテインを飲んで対策しても意味ないことがわかりますよね?

胃酸が少ないですから、タンパク質をうまく消化吸収できないはず。

 

他にも胃酸が少なくなることで、殺菌や消毒する力も弱くなることが考えられます。

もし、体の中に菌が侵入してきたらどうでしょう?

腸内環境が悪化したり、アレルギーを引き起こす原因になるかもしれません。

いいことなんてないですよね…

 

あなたは大丈夫ですか?

 

あっさりしたものを好んで食べていませんか?

もしかするとそれは、胃酸分泌低下のサインかもしれませんよ。

 

胸焼けや胃もたれを解消する3つの方法

胃酸の分泌が大事だということは理解できたでしょうか?

僕がここまで言うのも、僕自身が胃酸の分泌が少ないからなんですよね。

胃酸の分泌が少ないと、ほんと大変なんです。

特に、筋トレやダイエットをしている人。

タンパク質を摂っても消化吸収できないですし、サプリを飲んでも効いているのかわからないんですよね。

よかれと思ってやったことすべてがうまくいかないんです。

これって最悪じゃないですか?

お金もかかってますからね…

だから、あなたには僕のような失敗をしてほしくありません。

しっかり胃酸を分泌させて胃の状態を良くしてあげてください。

そのためにできる3つの方法をあなたにシェアしますね。

 

  1. 消化酵素サプリを飲む
  2. 胃酸サプリを飲む
  3. 梅干しを食べる

 

どうしても年齢を重ねるにつれて胃酸の分泌は減ってしまいますが、

この3つの方法を取り入れることでかなり良くなるはず。

胃酸の分泌が少ない僕がこれで良くなりました。

よかったら試してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

肉を食べると胸焼けや胃もたれがするのはなぜ?解消方法を教えます

をテーマにお届けしました。

ショート
それでは、お疲れ様でしたっ!
スポンサーリンク
肉

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。