筋肉料理

1日に必要な野菜350gをクリア!3ステップでできる基本の『ダイエットスープ』の作り方

スープ

今日は、

1日に必要な野菜350gをクリア!3ステップでできる基本の『ダイエットスープ』の作り方

をテーマに、

「食事で痩せる方法が知りたい」

「食べすぎで太った体をリセットしたい」

「冷蔵庫の余った野菜で作るレシピが欲しい」

このような方に向けて送ります。

 

1日に必要な野菜の摂取量は350g以上

厚生労働省が推奨している1日に必要な野菜の摂取量は350g以上としています。

内訳を見てみると、

緑黄色野菜が120g、淡色野菜、きのこ、海藻類で230g

なかなかの量ですよね。

あなたは毎日350g以上の野菜を摂れているでしょうか?

最近では、コンビニなどでも商品名に、「1日分の〇〇がとれるサラダ」みたいな商品が売られていますから、あなたも一度は手に取ったことがあるかもしれません。

商品名になるくらいですから栄養不足が問題になっていることをあなたも理解していると思います。

しかし、実感として自分が栄養不足だと認識している人は少ないはず。

野菜をしっかり食べているつもりでも、栄養不足を招く加工食品ばかり食べていては意味がありません。

何を食べて何を食べないのか、そこまで考える必要があるわけです。

また、350gという量ばかりに目が行きがちですが、それよりも野菜の「色」に注目してほしいと思います。

ブロッコリーや小松菜の緑、パプリカやトマトの赤など、色を意識して多くの種類の野菜を食べてください。

そうすると栄養の濃い食事ができてくるようになります。

それでは、今回紹介する

3ステップでできる基本の『ダイエットスープ』の作り方

をシェアしていきたいと思います。

 

材料

ダイエットスープで使う野菜は、冷蔵庫にあるもので大丈夫です。

おすすめは、玉ねぎ、人参、キャベツ、ピーマン、セロリ、トマト、カボチャ、キノコなど。

野菜

この中から好きな野菜4種類100gずつ用意してください。

今回は、キャベツ、人参、玉ねぎ、カボチャを用意しました。

さらに、スープの味に深みと風味をプラスし、

ファイトケミカルをたっぷり摂るために万能野菜だしを使います。

免疫力アップのためにもこちらのだしを使いましょう。

[kanren postid=”536″]

捨てちゃダメ!野菜の切れ端を煮込むだけで料理に深みとファイトケミカルをプラス『万能野菜だし』の作り方

  • 4種類の野菜…100グラムずつ
  • 万能野菜だし…500cc
  • オリーブオイル…適量
  • 酒…50cc
  • 塩(塩麹)…適量

 

作り方

料理が苦手な人でも簡単3ステップで作ることができます。

基本の作り方をマスターしてしまえば、アレンジをしてメニューのレパートリーを増やすことも可能です。

味に変化があれば飽きることなく続けられますよね。

1日に必要な野菜も取れるので毎日の食事に取り入れてみてください。

それでは、早速作って行きましょう!

 

1.切る

スープ

野菜を食べやすい大きさにカットします。

今回は、野菜のゴロゴロとした食感を出したいので大きめにカットしています。

時間がないという人は、火の通りをはやくするために薄切りにするなどしてください。

 

2.煮る

スープ

鍋にオリーブオイル、各野菜を入れ、

弱めの中火で炒めていきます。

玉ねぎが透き通ってきたら酒を50ccほど入れ、

蓋をして弱火で7,8分くらい蒸し煮にします。

野菜がしんなりして水分がでてきたら、

万能野菜だし500ccを入れて中火で沸くまで煮ます。

湧いたら野菜の火の通りをみながら弱火でコトコト煮ていきます。

野菜の大きさにもよりますが10分も煮れば火は通っていると思います。

[aside type=”warning”]

この時の万能野菜だしの量はひたひたくらいにしてください。

量が多すぎると味がぼけてしまいます。

[/aside]

ポイントとしては、野菜から溶け出したファイトケミカルが、

蒸気と一緒に逃げないように蓋をして煮込むということを忘れずに。

めんどくさい人は、最初から野菜と万能野菜だしを入れて煮ても構いません。

個人的には、蒸し煮してから万能野菜だしを加えたほうが、

より野菜の旨みや甘みを引き出せて美味しく食べられると思います。

 

3.味付け

スープ

煮込み加減は好みで調整してください。

軽めに煮るとあっさり味になりますし、野菜がトロトロになるまで煮れば、更に野菜の旨みや甘みを引き出し深い味わいになります。

最後に塩で味を整えて完成です。

塩麹があれば塩麹を使って味見をしながら調整してください。

旨味がグンとアップしますよ。

とてもシンプルな作り方ですが、野菜の旨み、甘みがスープに溶け出して美味しく仕上がっていると思います。

この時点で物足りないと感じる人は、野菜の旨みや甘みを感じ取れていないので、味覚が鈍っている可能性があります。

そんな時は、器に盛り付けてからでいいので、こちらの調味料をプラスしてみてください。

[aside type=”normal”]

生姜のすりおろし+ごま油

梅干し+かつお節

[/aside]

 

毎日食べても飽きない!スープを簡単にアレンジする方法

3ステップ目の味付けの段階で、調味料をプラスするだけで簡単にアレンジすることができます。

  • 豆乳
  • 味噌
  • 醤油(醤油麹)
  • カレースパイス

もちろん食材を変えても構いません。

その時の旬な食材を使ったり、ポーチドエッグをトッピングしてみたり、自由にいろいろ試してみてくださいね。

もしよかったら、おいしい組み合わせや作って食べた感想など教えてください。

報告をしてくれた方には特典も用意していますし、わからないところなど直接レクチャーできます。

あなたから、LINE@での報告をお待ちしています。

友だち追加

 

まとめ

簡単3ステップで1日に必要な野菜350gを食べることができます。

作り置きもできるので週末にまとめて作るなどして、

その都度温めて食べてください。

翌日以降は、さらに野菜の旨みや甘みが増しているので、塩、塩麹などで調整してください。

シンプルな作り方ですが、野菜の旨みと甘みを最大限に引き出しているので、美味しく満腹感を得ながら食べることができます。

アレンジも自由にできるので味に変化をつけながら楽しんでくださいね。

  1. 切る
  2. 煮る
  3. 味付け

たったこの3ステップですがダイエット効果はもちろん、

体に溜まった老廃物まで排出してくれます。

まずは、1週間夕食にこのスープを食べ続けてみてください。

きっと、体の中からキレイに痩せていきますよ!

ぜひ、試してみてください。

[voice icon=”https://shotohayashi.com/wp-content/uploads/2017/01/profile-e1483400963803.jpg” name=”ショート” type=”l big”]それでは、お疲れ様でしたっ![/voice]