【夏バテ解消】枝豆と梅ひじきの炊き込みご飯の作り方

炊き込みご飯
しょうと
こんにちは。トレーニー専門ダイエットシェフのしょうとです。

今日は、

【夏バテ解消】枝豆と梅ひじきの炊き込みご飯の作り方

をテーマに、

「暑さで食欲が落ちてきた…」

「白ごはんだけじゃ飽きやすい…」

「簡単に作れるレシピが知りたい!」

このような方に向けてお届けします。

 

材料

材料

 

  • 米…3合
  • 枝豆…100グラム
  • 梅干し…2個
  • ひじき…30グラム
  • スティック出汁…2本
  • みりん…大さじ3
  • 塩…少々
  • 醤油…小さじ1/2
  • ミネラルドロップス…5滴くらい(なくても可)

 

今回の材料は、スーパーで揃えやすく簡単に作れるものを意識しました。

ミネラルドロップス以外。笑

ミネラルドロップスとは、液体のマグネシウムなのですが、ご飯を炊く時や飲み物などに数滴垂らすだけでマグネシウムを補給できる優れもの。

マグネシウムは液体のほうが吸収しやすいので僕は愛用しています。

もし、ミネラルドロップスがなかったとしても、美味しく作ることができるので安心してくださいね。

ただ、栄養のことを考えれば絶対にプラスしたほうがいいですよ。

マグネシウムは、エネルギー作りや筋肉を動かしたり、神経伝達、ホルモンの分泌などの働きに関わっています。

トレーニーであれば、マグネシウムは必須栄養素。

もしあなたが、疲れやすい、集中力の低下、コーヒーやアルコールをよく飲むのなら、マグネシウムが不足しているかも。

特にストレスを溜め込んでいる人は要注意。

積極的にマグネシウムを補給しましょう。

 

枝豆と梅ひじきの炊き込みご飯の作り方

作り方といっても材料を炊飯器にセットするだけなんですけどね笑

誰でも簡単にできるレベルなので、ぜひ作ってみてください。

 

1.米を研ぐ

お米

 

個人的におすすめのお米は5分づき米。

栄養価が高くて、クセもないし食べやすい。

こちらの記事では、より詳しく5分づき米の魅力について語っています。

 

>>>白米と玄米どっちがいいの?トレーニーなら「分づき米」にするべき3つの理由

 

今回は、5分づき米に雑穀ともち麦をプラスしました。

 

2.炊飯器で炊く

お米

 

お米の水気を切ったら、すべての材料を入れて炊飯器をセット。

もし、ミネラルドロップスがあるのならマグネシウムもプラスしておきましょう。

よく食べるご飯こそ栄養価の高いものを。

白米だけでは補いきれないですからね。

 

3.梅干しをほぐして混ぜる

炊き込みご飯

 

炊きあがりはこんな感じ。

梅干しをほぐして、全体的に混ぜれば完成です。

暑い夏でも食欲が湧いてくるくらい彩りがキレイですね。

 

4.食べきれない分は冷凍保存

炊き込みご飯

 

僕の場合、1食で食べるご飯の量が200グラムなので、1食分ずつ小分けにして冷凍保存しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

【夏バテ解消】枝豆と梅ひじきの炊き込みご飯の作り方

をテーマにお届けしました。

夏バテ気味で食欲が落ちている人は、ぜひ作ってみてください。

簡単に作れるのに栄養価が高いのでおすすめです。

最初は、レシピの分量通り作ってみてくださいね。

味をみながら、梅干しを追加したりするなど、あなた好みの味に仕上げてください。

ついでに、ごはんに合うおかずのレシピもシェアしときますね。

 

>>>サラダチキンに飽きたらコレ!鶏むね肉が美味しくなるスペイン風鶏の煮込み「チリンドロン」の作り方

 

タンパク質もしっかり摂って暑い夏を乗り切りましょう。

しょうと
それでは、お疲れ様でしたっ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
炊き込みご飯

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。