まだ白米食べてるの?ダイエット中でもご飯が食べたいなら「分づき米」にするべき3つの理由

稲穂
しょうと
こんにちは。ダイエットシェフのしょうとです。

今日は、

まだ白米食べてるの?ダイエット中でもご飯が食べたいなら「分づき米」にするべき3つの理由

をテーマに、

「お米が大好き!」

「ダイエット中でもご飯が食べたい!」

「私には、糖質制限ダイエットは無理…」

このような方に向けてお届けします。

 

まだ白米食べてるの?

最近流行りのダイエットと言えば、糖質制限ですよね。

その証拠に、糖質をカットした商品がコンビニでもよく見かけられるようになりました。

もしかすると、あなたも「糖質カット」のキャッチコピーを見たら反応しちゃうんじゃないかな。

コンビニで商品化されるということは、需要があるということだろうし、

それだけ、糖質はダイエットの「敵」と認知され始めている気がします。

なんなら、糖質制限がダイエットの定番になりつつある。

でもでも、頭では糖質制限をしたほうがいいとわかっていても、

なかなか実践できない人っていますよね。

特に、この記事を読んでいるあなた笑

 

  • ご飯が好きだから、糖質制限はしたくない…
  • ダイエット中でもご飯を食べたい…
  • ご飯抜きの食事は考えられない…

 

このように思っていませんか?

誰でも好きなものを制限するのは辛いですよね。

でも、そんなご飯がいつも食べている「白米」よりも、

ダイエット効果があって、栄養価も高くて、美味しいものだったらどうでしょう?

ダイエット中の人にとっては、罪悪感が少しは消えるんじゃないかな。

もちろん、食べ過ぎはNGだけど笑

今回は、ご飯好きなあなたのために、

ダイエット中でも食べられるお米「分づき米」をシェアしたいと思います。

分づき米は、白米よりも栄養価が2〜4倍高いですからね。

どうせ食べるなら栄養価の高いものを食べていきましょう。

 

ダイエット中に限らず、ご飯は分づき米にするべき3つの理由

稲穂

 

あなたは、分づき米を知っていますか?

もしかすると、白米や玄米は知っているけど、

分づき米についてはまだ知らないという人が多いかもしれません。

スーパーなどに売られているお米も白米が中心ですもんね。

知らなくて当然です。

分づき米を簡単に説明すると、

 

分づき米とは?

白米を10割の精米率とした時に、3分、5分、7分などの割合で精米したお米のこと。

3分づき米は玄米に近く、7分づき米は白米に近くなります。

 

今回あなたにシェアしたいのは、玄米と白米の中間にある5分づき米。

僕がオススメする理由としては、玄米と白米のいいとこどり的な感じだから。

具体的には、

 

  • 白米よりも栄養価が高い
  • 玄米よりも食べやすい
  • 白米のように簡単に炊ける

 

このような3つの理由から、ダイエット中でも罪悪感なしでご飯を食べることができます。

ほんといいとこどりのお米だと思う。

ちなみに、5分づき米の見た目はこんな感じ。

 

お米

 

薄い茶色?黄色っぽい色をしています。

ここにビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養がつまっているわけですね。

 

実際に炊飯器で炊いてみるとこんな感じ。

 

ご飯

 

玄米に抵抗がある人は、5分づき米がいいかも。

味も白米に近いですし、食べやすいですよ。

さらに、炊飯時に天然塩をひとつまみ入れると、ご飯の甘味を引き出してくれます。

あと、最近の炊飯器は性能がいいから、お米の浸水がなくても美味しく炊けますね。

むしろ、炊く時には浸水時間も含まれているって知ってました?

僕はつい最近知りました笑

だから炊き上がるまでに1時間かかっていたんですね笑

 

あ、もし早炊きにする場合は、浸水時間や水の量も少し考慮したほうがいいかもしれないです。

 

こればっかりは、炊飯器の性能、お米の種類、ご飯の固さの好みなども関係してくるからなんとも言えないけど…

試しに、浸水なし、早炊き、水の量は白米の時と一緒でもしっかり炊くことができました。

早炊き機能は、時間がない時に助かりますからね。

玄米と違って6時間とか浸水するわけじゃないし、そんなに手間もかかりません。

炊けたら1食分ずつ分けて、冷蔵もしくは冷凍保存。

保温のままにしておくと、色が変わったり糠の匂いがでてきちゃうので、そこには注意してくださいね。

ダイエット中でも5分づき米オススメですよ。

 

白米、5分づき米、玄米のメリット、デメリットをくらべてみた

あなたも、5分づき米に興味がでてきましたか?笑

まだ5分づき米の良さが伝わっていない人のために、

個人的に白米、5分づき米、玄米のメリット、デメリットをくらべてみました。

 

玄米のメリット、デメリット

栄養価が高い

浸水時間が長い

消化吸収が悪い

味、食感に飽きやすい

 

白米のメリット、デメリット

美味しい

入手から炊飯までが簡単

栄養が少ない

血糖値が上がりやすい

 

5分づき米のメリット、デメリット

白米より栄養価が高い

玄米よりも食べやすい

白米のように簡単に炊ける

スーパーで売られていない

 

どうでしょうか?

どのお米にもメリット、デメリットが存在しますが、5分づき米は優秀だと思いませんか?

玄米と白米のいいとこどりなだけあってメリットが多い。

デメリットは、スーパーに売られていないこと。

5分づき米を手に入れるには、米屋さんで注文する必要があります。

でも、値段は白米とほとんど変わりません。

今はネットで簡単に注文できるし、自宅まで届けてくれるので、

重いお米を自分で運ぶ必要はありません笑

メリットを考えれば、5分づき米で決まりじゃないですか?

 

脂肪燃焼させたいなら5分づき米を食べなさい

ボディビルダー

 

糖質はダイエットの「敵」だと思い込んでいませんか?

最近では、糖質制限ダイエットの影響で、糖質を避ける傾向にあると思います。

しかし、痩せたり筋肉をつけるには、

炭水化物、糖質、脂質を食事でしっかり摂る必要があると言ったら信じることができますか?

きっと、多くの人は避けるべき栄養として理解しているんじゃないかな。

でもこれって間違った栄養学なんですよね。

なぜなら、これらの栄養をカットしてしまうと、

代謝ホルモンの働きが低下して、代謝が落ちるから。

これは、糖質制限を実践したことがある人ならわかると思います。

糖質をカットすると、最初は体重が落ちるけど、

ある日を境に体重が落ちなくなる。

これ以上落ちないから、糖質制限をやめていつもの食事に戻したらリバウンド。

あるあるだと思うんですよね。

大事なことは、糖質をカットするのではなく、コントロールすること。

食べ過ぎも食べなさすぎもよくない。

というわけで、

あなたには、脂肪を燃焼させるご飯の食べ方をシェアしたいと思います。

この食べ方をすることで、脂肪燃焼量を上げることができます。

今回は3つのポイントをお伝えしますね。

 

  1. ご飯は1日1食少なめにする
  2. 夜はご飯抜きのおかずメインにする
  3. 可能なら冷ご飯で食べる

 

ご飯が好きな人からすると厳しい内容ですかね?笑

まずは、どれかひとつでも実践できるものがあればチャレンジしてほしいなって思います。

この食べ方にすると、寝ている間に脂肪燃焼量がアップします。

さらに、有酸素運動をプラスすると効果抜群です。

僕は、1週間で体重−3.9キロ、体脂肪率−1.7%落ちました。

 

>>>【効果実証済み】1週間每朝5分だけトランポリンをとんでみた結果→7日目にやらかして泣けるンゴ…

 

よかったら僕の体験談も参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

まだ白米食べてるの?ダイエット中でもご飯が食べたいなら「分づき米」にするべき3つの理由

をテーマにお届けしました。

分づき米の魅力が伝わったでしょうか?笑

玄米と白米のいいとこどりのお米なので、ほんとにオススメです。

最近は、

5分づき米 + もち麦 + 天然塩

で、食物繊維をプラスして炊いてます。

どうせ食べるなら栄養価の高いもの、ダイエット効果も得ながら美味しく食べたいですね。

よかったらあなたも5分づき米にチャレンジしてみてください。

まずは、「あなたの住んでいる地域名 + 米屋」とか、

「5分づき米 + 通販」でネット検索してみてください。

米屋さんが見つかれば分づき米を手に入れられるはず。

購入ポイントとしては、

 

  • 精米したてのもの
  • 無農薬、減農薬のもの

 

これを条件に購入することをオススメします。

理由は、

分づき米は酸化がはやいことと、残留農薬を避けるため。

ぜひ、試してみてください。

最後に…

大事なことは、糖質カットではなくコントロールすることですからね。

ここを忘れずに、糖質と上手に付き合っていきましょう。

しょうと
それでは、お疲れ様でしたっ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
稲穂

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。