【衝撃】鼻呼吸で早食いを治すメリットが凄すぎた

食事

今回は、

【衝撃】鼻呼吸で早食いを治すメリットが凄すぎた

をテーマに、

 

  • 早食いの癖をなんとかしたいです…
  • すぐに飲み込んでしまいます…
  • 早食いを治す方法はありますか?

 

このような質問にお答えします。

 

早食いを治すコツは「呼吸法」を変えること

食事に関する「癖」ってなかなか治せないですよね。

特に早食いとか。

僕はラーメン屋さんで働いていた時に「麺はのどごし」だと教わったので、

あまり噛まずに飲み込む癖がついてしまいました笑

今でも意識して食べないとすぐに飲み込んでしまいます。

人によっては、あまり噛まないことで胃もたれしたり、

ゆっくり食べるとイライラしたりすると思うんですよね。

あと、早食いは太ると言われていますからね。

ダイエットの面からしても、早食いを治したいと思っている人が多いと思います。

でも、早食いを治す方法ってだいたいこんな感じじゃないですか?

 

  • よく噛んでゆっくり食べる
  • ながら食いはしない
  • 利き手と逆の手で食べる

 

よく見る方法ですけど、なかなかできないですよね…

このような情報を見るとガッカリするというか、ハズレというか、

当たり前のことを言われてしまって説教のように聞こえます笑

では、どうしたら早食いを治すことができるのか?

 

僕の答えとしては「呼吸法」を変えること。

 

意外かもしれませんが、この方法が一番効果的でしたね。

噛む回数が増えて消化も良くなりました。

あなたもこの方法ちょっと気になりませんか?

もし早食いがなかなか治らないのであれば、最後まで記事を読んでみてください。

なぜ「呼吸法」で早食いが治るのか、理由やメリットについて解説させていただきます。

 

早食いがやめられない理由

ストレス

 

僕が思うに早食いがやめられない人というのは、呼吸法に問題があると思っていて。

 

僕もそうだったんですけど「口呼吸」が原因だと思うんですよね。

 

なぜなら、口呼吸をしながらモグモグ食べていると息が苦しくなるから。

だからすぐに飲み込んでしまう。

これを無意識にやってしまっているから、早食いがなかなかやめられないんですよね。

いくらゆっくり噛んで食べることを意識しても、そもそも口呼吸で食べているから難しいですし。

利き手と逆の手で食べるとか、ちょっと論点がズレていますよね…

まず現実的じゃないし笑

食べる時間が長くなってストレス溜まるだけだし笑

 

大事なことは「口呼吸」をしながら食べること。

 

呼吸法を変えるだけでかなり意識が変わりますからね。

かなりおすすめの方法です。

これは早食いを治す基本になるので覚えておいてくださいね。

 

口呼吸から鼻呼吸に変えなさい

女性

 

あなたが食事をしている時は口呼吸ですか?

もし口呼吸で食べているのであれば、早食いが治らないだけでなく、

健康面でのデメリットを抱えていることも知っておく必要があります。

 

  • 口腔環境の悪化(口臭、虫歯、歯周病など)
  • 免疫力の低下(アレルギー、アトピー、風邪など)
  • 自律神経の乱れ(うつ、高血圧、糖尿病、胃潰瘍など)

 

口呼吸が原因で考えられる健康面での悪影響です。

そもそも口は呼吸をするために作られていないんですよね。

呼吸は鼻から、食べ物は口から、これが基本なわけです。

それを口から呼吸も食べ物をごっちゃにするからうまくいかないんです。

口は胃腸につながっていますからね。

口が悪ければ胃腸が悪くなるのも当然。

胃腸が弱い人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

 

CHECK!肉を食べると胸焼けや胃もたれがするのはなぜ?解消方法を教えます

 

口呼吸のデメリットは最悪じゃないですか?

だから僕も必死で鼻呼吸を意識して食事をしています。

鼻呼吸のメリットとしては、

 

  • デメリットのリスクを軽減できる
  • 噛む回数が増えて消化の負担が軽減される
  • 胃酸の分泌が増えて栄養の吸収が良くなる

 

鼻呼吸に変えるだけで、健康面はもちろん、ダイエット効果も期待できます。

きっと、早食いを治したい理由って、ダイエットが関係していると思うんですよね。

だったら絶対に鼻呼吸に変えるべきですよ。

鼻呼吸にすれば栄養の消化吸収も良くなるわけですから。

ダイエットや筋トレをしている人にとって嬉しいメリットじゃないですか?

もしあなたがサプリを飲んでいるのなら、効き方がかなり良くなりますよ。

マジで。

よかったらこちらの記事も参考にしてくださいね。

 

CHECK!【警告】あなたが飲んでいるサプリメントが「効かない」理由について語ろうか

 

まずは、今日の食事から鼻呼吸を意識して食べてみてくださいね。

意識の仕方としては、

 

  • 鼻から4秒かけて吸って、4秒かけて吐く
  • 噛みながら鼻呼吸をすること

 

飲み込むまでに、4回鼻呼吸をすれば32回噛むことになります。

鼻呼吸を4〜5回を目標にすると、早食いも改善されてくると思います。

あと、噛む回数が増えることで味に深みを感じるようになります。

お米を噛んでいると甘みを感じるようになるあれです笑

食事の満足感も増すのでおすすめです。

これを無意識にできるようになると、早食いすることもなくなって、少量でも満腹感を得られるようになります。

痩せたい人にとって嬉しいメリットですよね。

あなたも今すぐ実践してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

【衝撃】鼻呼吸で早食いを治すメリットが凄すぎた

をテーマにお届けしました。

あなたも早食いがやめられない原因が理解できたでしょうか?

もし口呼吸で食事をしていたのなら、今すぐ鼻呼吸へ変えることをおすすめします。

ポイントは、

 

  • 鼻から4秒かけて吸って、4秒かけて吐く
  • 噛みながら鼻呼吸をすること

 

よく噛んで食べる意識が強くなりますよ。

僕はこの方法で胃腸の調子も良くなりました。

控えめに言って最高です。

あなたも今日から鼻呼吸を意識してみてくださいね。

この記事があなたの早食いを治すきっかけになれたら嬉しいです。

スポンサーリンク
食事

無料相談・メッセージはこちら【100%返信します】





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容でよければチェックを入れて送信してください。